やまろうブログ

プログラミングやゲーム開発、ニコ生、自己啓発、社会のことを書きます。

言葉は思考の道具だから、複数の言語を使えた方がいい!

多くの場合、思考をする時に言葉を使う。

もちろん、言葉を使わない思考もあるけど。

 

プログラミング言語も使う言語によって、ロジックの組み方が変わる。

だから、いろいろなプログラミング言語を使っていると、考え方の幅が広がる。

 

ならば、自然言語も同じなのだろう。

英語で考えた方が、日本語より、表現があいまいでなくなる気がする。これは自分が知ってる英語の語彙が少ないというのもあるけど、言語としての特性として英語の方が主語の省略がすくない等のあいまいさが少なくなる特性を持っている気がする。

 

なんにせよ、いろいろな言語を使った方が、考え方のバリエーションが増えるって利点があるのだろう。

 

知らない自然言語を使いこなせるようになるのは長時間の訓練を必要とするけど、プログラミング言語なら数週間である程度使えるようになる。だから、出来るだけ新しい言語を使っていこうと思う。

 

JavaPHP→Node.js→C#Rubyと来たので、次はScalaがいいかなと!

【送料無料】思考の整理学 [ 外山滋比古 ]

【送料無料】思考の整理学 [ 外山滋比古 ]
価格:546円(税5%込、送料込)