やまろうブログ

プログラミングやゲーム開発、ニコ生、自己啓発、社会のことを書きます。

大人になるとは自分で判断し決断したことに責任を持つこと

中学時代の同級生と久々にあった。10数人と、プチ同窓会のような。

 

話していて思ったのは、皆大人になったなということ。

 

それぞれタイプは違うけど大人になっていた。まぁ、正確には大人になってない人もいたけどもと。

 

自分を振り返ってみれば、やはり、自分も大人になった気がしている。

 

大人になるとはなんなのだろうか?

 

20歳で成人した時には大人になったと思わなかった。

25歳でもそう。

 

今34歳、大人な気がする。

 

自分の場合、会社員をやめてフリーランスのエンジニアになったことが大きい気がする。

 

自分で選択し、決断し、その決断に肚を決めたからだ。

 

大人になるというのは状況を自分で判断し、自分で選択し決断したことに肚を決める、つまり、自分の決断に覚悟を決める、責任を持つってことなのだろうと思う。

 

同級生を見ていても、大人になったなという人は自分の人生を自分で選択し、その決断に肚をくくっている、そんな風に見えた。

 

例えば、それが職業の選択であったり、結婚であったり、子育てであったりするのだおる。

 

結婚相手を選ぶというのは、まさに自分で自分の人生を選択するってことだし、子育てだって正解がない中で、何をすればいいか自分で選択しその選択に責任を持つってことだろう。

 

ってなわけで、大人になるってなんだろう?とずっと思っていたけど、大人になるとは「自分の人生を自分で選択し、その選択に責任を持つ(覚悟を決める、肚をくくる)」ってことなのだろう!