やまろうブログ

プログラミングやゲーム開発、ニコ生、自己啓発、社会のことを書きます。

プログラミング言語をマスターするコツは完璧を目指さないこと

ここ数年新しいプログラミング言語を使うことを心がけている。

Java一辺倒だったのをPHP、Node.js、Unity(C#)、Rubyと。

 作ったものは主に初音ミクのゲーム( http://mikumikuplay.com/ )

 

初めの内は分からないことだらけでJavaだったらこうするのにぃ、この言語だとどうやるんだろうとその度、調べなければならない。

だけど、調べてみると、「こんなやり方で出来るのかぁ!」と見識が広がる。

分からないながら書いていくコードは後で見れば、ダメコードかもしれない。だけど、そうやって、下手ながらも、新しい言語を使ってソフトウェアを完成させるところまで持っていく!すると、いつの間にか、その言語のことをよく理解している自分に気づく。Javaだったらこうするのにぃと思うこともなくなっていく。

そうして、段々と理解が深まっていく時が楽しい!たとえ、それが、後で振り返った時、まだまだへたくそなレベルであっても。

 

新しい言語で下手なコードを書き始めること無駄なプライドを捨てられる。初心に戻れるから。

 

完璧を目指していたら、何も始められない。初めからうまくなんて出来ないんだから。何も始めなかったら、過去に学んだ世界観でしか生きられない。

不格好でも新しい技術を使って完成まで持っていく。

それが大事なんだと思う。