やまろうブログ

プログラミングやゲーム開発、ニコ生、自己啓発、社会のことを書きます。

ゲームニクスをどう活かすか

ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 って本を読んだ。

1. 直感的なユーザー・インターフェイス (使いやすさの追求)

2. マニュアルなしでルールを理解してもらう (何をすればいいのか迷わない)

3. はまる演出と段階的な学習効果 (熱中させる工夫)

4. ゲームの外部化 (現実とリンクさせて、リアルに感じさせる)

ってなことがゲームニクスの4原則らしい。。

 

この本自体はwiiやDSの成功事例を挙げて、それらがゲームにクスの4原則を満たしてると述べている。ゲームにクスさえ取り込めば必ず成功するといわんばかりの論調に感じた。でも、この4原則を満たしていてもヒットしない場合もあるのだろう。

とはいえ、自分が作ったプロダクトの質を上げるために、これらの原則で見直すって使い方ができる。

 

必ずうまくいくなんて方法はなくとも、ちょっとでも改善につな気ていければと思う。